古河保育園の概要

すくすく育つ子どものために

 保育園には、たくさんの子ども達が集まってきます。しかも、それぞれの皆ちがった個性を持ち、変化にとんだ楽しい保育園生活を通して友達をつくり、自分の世界を広げていきます。
人間としての基礎を培う幼児期に、団体生活のルール、人とのお付き合い、人間関係の重要性を学ぶことは、きわめて大切な事です。
保育園は子ども達がつくる小さな社会、人と人が理解し、信頼し、愛し合い、助け合う集団です。集団生活には、子ども達のルールがあります。
保育園での集団生活の体験によりたくましく、心豊かな、かしこい子どもに育っていきます。
保育園は専門の教育を受けた、優秀な保育士が、安全な施設の中で、集団生活を行い、社会性を身につけ、個々の長所を伸ばし、短所を補う、適切な指導をいたします。

施設名 古河保育園
法人名 社会福祉法人 せんだんの木会
施設住所 〒306-0033
古河市中央町3丁目10-62
TEL 0280-22-1717
FAX 0280-22-2715
メール sendan@rcctv.jp
ホームページ https://kogahoikuen.jp/
休園日 日曜・祝日・年末年始
利用定員 100人
受け入れ年齢 生後6ヶ月から就学前まで
給 食 全園児完全給食
情報公開 社会福祉法人せんだんの木会 定款

ご案内図

  • JR古河駅より 徒歩15分
  • 古河郵便局前
  • 駐車場あり(5台分)

せんだんの木の説明

「栴檀は双葉より芳し」との諺ですが、銘木「せんだんの木」は、双葉の頃から香気を放っている、との意味です。人間も同じで、秀れた人は子どもの頃からその気配がある、といいます。
園児は人生の中では双葉です。それぞれ個性豊かな秀れた成人になる素質を持ち、園生活を送っています。その動作から香気を見出し、そだてていくことが保育園の使命であります。新しく発足した法人の名称としたゆえんです。